アウトソーシングのご案内

各士業事務所(弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士等)及び法人・個人事業主で金銭の授受に伴う未収金にお悩みの方は内容証明郵便の作成代行を行います。

<アウトソーシングのメリット>

・必要な時だけ依頼できる

・忙しいときに人員を増やさなくても済む

・依頼先が法律上守秘義務を持つ専門家なので安心

・作成者に法律知識があるので必要なことだけ伝えれば作成してもらえる

・作成内容を校正できるので安心できる

・新たにアルバイト等を雇用して仕事を教える手間が省ける

・比較的安価に作成できる

 

<ご依頼方法>

1.まず、メールもしくは電話でお問い合わせください。ご依頼の内容をうかがって見積もりをさせていただきます。それ以降の具体的な手順は個人の依頼と同様以下のとおりです。ただし、1か月に2回以上の依頼がない場合にはお受けできませんのであらかじめご了承ください。

  以下の事項をお知らせください

@差出人、宛名人の住所・氏名(必須)       

  A請求・通知などの原因・内容(必須)

   具体的にお書きください

   (例)昨年○月○日に貸し、1か月後に支払うと約束された157,000円の返済がされていない

      契約内容の履行が今出されていないので△月×日までに回答してほしい

  *文書は当方が作成しますので、簡単な請求内容のみお書きください。

  B金銭の支払請求の場合には期限を明記してください。

  C当事務所では20字×26行の横書きで内容証明を作成しております。それ以外の書式をご希望の方は事前にお申し出ください。

2.指定の銀行口座に規定の報酬をお振込ください(振込手数料はご負担願います)。振込確認後作成作業に入ります(お急ぎの場合には振込後メールをください)

3.校正をお送りしますが、内容は送付後12時間以内(土日送信分は振替休日でない月曜日午前11時まで)に返答なきものについては送付内容のままでいいということで処理します

 

<作成報酬>

・初期費用として3万円いただきます。(税別、初回のみ。但し、受任日以降、1か月経過までに2件以上の依頼がない場合、次回もいただくことになります。単発でのご依頼であれば個人として依頼されたほうが安くなります。

・上記原稿用紙で2枚まで20,000円(税別、配達証明付郵便料金を含みます。但し、速達をご希望の場合には1件につき350円追加)

・同一文書を複数人に送付する場合には1通目は15,0002通目以降は1通につき10,000円(税別)

・上記条件の詳細については相談に応じます。お気軽にお問合せください。

<その他>

・違法な請求その他公序良俗に反する請求・通知はお受けできません。

・文書の中に強迫的文言を入れることはお断りします。

 

<免責事項>

・内容証明記載の内容は依頼人の意思表示であり、その効果は差出名義人が負います。それを原因とする当事者間の法律的紛争に関して当事務所は一切の責任を負いません。7

 

TOPページご依頼の流れと費用・報酬事務所詳細内容証明が届いた方はアウトソーシングのご案内リンクプライバシーポリシー

 

(c)All rights reserved by 山下行政書士事務所 2011